Rado Men's 35mm Silver-Tone Ceramic Band & Case Anti Reflective Sapphire Qu並行輸入品

薩摩糸びな(中)<小澤人形>

暇なので別れる際の挨拶をちょっと考えてみる。

バイバイ

これはあっさりすぎるんじゃないだろうか。

(代引不可)伍魚福 おつまみ ちりめん山椒 80g×24入り 210150

270ライザー2型ハンドル φ1インチ スティード600(STEED) HURRICANE(ハリケーン)

さようなら

さようならってなんか今生の別れ感がある。いや今生の別れならいいのか。

いやなんか語感に妙なおセンチ感があって俺の主義に合わない。没。

ファンヒーター セラミックヒーター 小型 ポータブル 電気ファンヒーター 足元ヒーター 速暖 3段階切替 温風 自然風 PTC素材 転倒OF

これは一般的には悪くなさそうだ。

ただ個人的には一期一会が好きなので、なんか未練がましい感じでダメだな。

しかも「また」っていつだ、何時何分地球が何回回った時の事だ、と、具体化したくなるやつだ。

YIMANIE パジャマ 作務衣 メンズ レディース 甚平 浴衣 通年向 上下セット 上質 裏ストライプ柄 洗える 大人系 寝間着 オシャレ

代引 同梱不可 ルパン三世 メタリング 銭形 70380

今生の別れではあるけど、縁があればまたそのうち。輪廻が回れば会うだろうくらい。

個人的には結構好きだが、一回生まれ変われば必ず会えるような匂いを感じので、そんなつもりがなくてもきもく受け取られがちな気がする。

高儀 木割オノ柄 クサビ付 900mm 斧、薪割り斧

このくらい濁せばどうだ。ダメか。やっぱり輪廻を匂わすだけでダメか。

個人的には結構好きな挨拶だが。来世より前に会ったら会ったでそんなに気まずくもないし。

縁があればまた

よくあるやつ。「縁があれば」と具体的にしているので、ただの「また会いましょう」よりマシか。

古典ラテン語辞典

6 Heights - VALUCKEE Elevated Dog Bowls, Adjustable Raised Dog Bowls for Sm並行輸入品

無言。文章にすると中黒二つ。

文章なら一つの中黒に100の意味をこめた、もう一つの中黒にまた別の100の意味を込めた、とかいくらでも後付け設定ができる。完璧ではないだろうか。

でも気の利いたセリフというかセリフですらない。文章ならともかく対面でやるとただの無言だ。無言で別れを言うのもそれはそれでどうなのかという気もする。

高儀 木割オノ柄 クサビ付 900mm 斧、薪割り斧

これはよく使う気がする。

どうせ何を言っても気が利かないので、なんかよくわかんないけど別れの挨拶ということにして、あとの細かい点は受け取り手に委ねてよろしくしてしまうメソッドだ。

気が利いてるかというと、気は利いてない諦めの境地にある言葉だが、セリフにならない中黒も併用できる。便利。

高儀 木割オノ柄 クサビ付 900mm 斧、薪割り斧

トップ(TOP) ソケット 電動ドリル用 ピーコン用 ギザ付 6個入 EPS-12G

Tam biet。さようならという意味で使われる。しかしすまん意味は解説できないのでインターネットの広大な力に頼る。

◆藤原産業 千吉 両手用竹割 全鋼刃 4割 175mm

中国語の暫別という言葉由来らしい。しばしの別れって感じか。思ったよりまた会いましょうに近かった。どっちも個人的にはいまいちということになる。今度ブルース・ライブ行く時困りそうだ。

そんじゃーね

じゃあのと同じだ。

というかこの辺よく考えたらさっき書いた「では、そういうことで・・」と同じやんけ。「では系」と分類しよう。

「そういうこと」とか余計な言葉をつけてないのであっさりしていて使いやすい。

結論

  • すぐに会う予定があるなら: また会いましょう
  • 死別とかでもう会う事がなさそうなら: さようなら、また来世とか来来世とかその辺で(長い)
  • 特になんということでもない時: では系

インターネットに向けた文書だと誰が読んでるかわからないから「では系」が強い気がする。

込める意味の量に応じて中黒の量を調整すればよかろう。気は利いてないが。




ということでこの暇な時間では、気の利いたセリフは特に思いつかなかった。

別れの際はまた適当な挨拶をその場で考えて、「ああ、また気の利いた事言えんかった」と後でがっかりするんだろうがしょうがない。

関西パテ化工 フラットワン 12L 軽量厚付用 エマルションパテ 内部用 白

では、そういうことで・・

ハスクバーナ ハイキングハチェット 599673501 斧 薪割り キャンプ薪割り

プロフィール
注目記事
NEWS.511TACTICAL.COM RSS